Curriculum

カリキュラム

Each Rotary Center university is developing a unique curriculum focused on various aspects of international studies related to peace and conflict resolution. ICU offers comprehensive programs in related fields, such as international law, development issues, natural resources and the environment, and education and literacy. These programs provide Rotary Peace Fellows with extensive supplemental study opportunities.

世界に6つあるロータリー平和センターが設置されている大学には、平和と紛争解決に関連する国際問題研究のさまざまな側面に焦点を当てた、それぞれ独自のカリキュラムがあります。中でもICUでは、国際法、開発問題、天然資源と環境問題、教育と識字能力育成といった関連分野を取り扱う、包括的なプログラムを提供しています。これは、より広範な学問的経験の提供を目的としているためです。

ICU Graduate School of Arts and Sciences

ICU Graduate School of Arts and Sciences is well known for its interdisciplinary program, which enables students to study with flexible choice of courses according to their individual needs and interests.  The Master’s level programs introduces a liberal approach to graduate education by promoting transferable skills, and support studies in innovative fields spanning across multiple disciplines.
For more details about ICU GS, please see its website.

ICU大学院アーツ・サイエンス研究科:
ICU大学院のアーツ・サイエンス研究科は、学生一人ひとりのニーズや興味に合わせて柔軟にコースが選択できる、インターディシプリナリー(学際的)なプログラムで有名です。2年間の修士課程プログラムでは、さまざまな分野に応用が利くスキルの取得と、幅広い学問領域における革新的な分野の研究を推奨し、学際的なリベラルアーツの手法を導入しています。詳細は、こちらをご覧ください。

Rotary Peace Fellows at ICU GS

Rotary Peace Fellows will be enrolled as regular students in the ‘Public Policy and Social Research Program‘ of ICU GS and pursue a Master’s Degree in Peace Studies in two years (22 months).  Peace Studies offers a wide variety of courses relevant to peace, conflict and security studies. They range from foundation courses in peace studies, which offer a general overview of the field, to more specialized courses on human security, human rights, ideas and norms, conflict resolution, peacebuilding, development and economic issues and conflicts, traditional and post-traditional security problems, and the role of international organizations and international law. All Fellows are required to take 30 units in total.

ICU大学院での平和フェロー:
ロータリー平和フェローは、ICU大学院の公共政策・社会研究専攻に本科生として入学し、2年間(22カ月間)で平和研究の修士号の取得を目指します。平和研究専修では、平和、紛争、安全保障研究に関するさまざまな授業を提供しています。その内容は、平和研究の概論が学べる基礎科目から、人間の安全保障、人権、思想と規範、紛争解決、平和構築、国際開発および経済における問題と対立、新旧の安全保障問題、国際機関と国際法の役割といった、より専門的な分野まで多岐にわたります。全部で30単位の取得が必要です。

Rotary Core Courses

Selected two courses in Public Policy and Social Research Program are also offered as Rotary Core Courses.  Peace Fellows are required to take two courses to further deepen their research interests in the academic areas they have chosen. Please check the following:

*Rotary Core course has been changed since AY2019.

ロータリー必修科目:
下記2つの公共政策・社会研究専攻の科目は、ロータリー必修科目としても開講されています。特に平和フェローは、それぞれの関心分野の研究を深めるために、この2つの科目を受講することが求められます。

Two Required Core courses for Peace Fellows

Peace and Conflict Studies I (QPFD414)  <Syllabus>

Development, Conflict, and Peacebuilding (QPFD436) <Syllabus>  *New course from AY2019

There are many other courses.  Please see Curriculum and Syllabi.  The language of instruction is indicated as “E” (English), “E/J” (mainly in English and Japanese may be occasionally used), “J/E” (mainly in Japanese and English may be occasionally used), and “J” (Japanese).  As you can see, enough courses are offered in English, and scholars with a good command of English should be able to put together a rich course of study. Of course, knowledge of Japanese will allow fellows to access the full range of course offerings at ICU.

In addition, Rotary Peace Fellows can take peace-related courses from United Nations University (UNU) and Tokyo University of Foreign Studies (TUFS).

上記2つの必修科目以外については、カリキュラムとシラバスをご覧ください。指導言語は「E(英語)」「E/J(主に英語だが、日本語を使用することもある)」「J/E(主に日本語だが、英語を使用することもある)」「J(日本語)」のように表示してあります。ご覧の通り、英語開講の授業が十分に用意されており、英語が堪能な学生は授業を組み合わせ、効果的なカリキュラムを組むことができます。もちろん、日本語の知識があれば、ICUが提供するあらゆる科目を選んで履修することができます。
また、ロータリー平和フェローは、国連大学(UNU)と東京外国語大学(TUFS)で開講されている平和研究関連の科目を履修することができます。

Master’s Thesis

Every Fellow is required to submit a Master’s Thesis under the supervision of a thesis advisor. Please see the thesis abstracts of the former Fellows from here.

修士論文の提出:
全ての平和フェローは、論文指導教授の指導の下、修士論文の提出が求められます。卒業生の修士論文要旨についてはこちらからご覧ください。

Applied Field Experience

Rotary Peace Fellows have an internship opportunity (Applied Field Experience) in organizations such as International NGOs and UN Agencies during the summer break.
List of Organizations for AFE (Class III – XIX )

海外インターンシップ(AFE):
夏休み中には、国際NGO団体や国連諸機関でのインターンシップ(AFE)の機会が用意されています。
AFE受け入れ機関一覧(クラス3~19)※英語

Extracurricular Program

In addition to coursework, the program will provide opportunities of extracurricular programs such as the training workshops, peace forums, and a field trip to Hiroshima.  The scholars will thus experience peace studies not only in the academic setting but also in vital historical and practical contexts.  Please see Campus Life for more information.

カリキュラム外のプログラム:
ICU大学院のカリキュラムに沿った授業以外にも、ロータリー平和センターとして独自に研修ワークショップや平和フォーラム、広島への研修旅行などの課外学習の機会を用意しています。平和フェロー達は机上の研究だけでなく、歴史的また実際的に平和について学ぶことができるのです。詳細は、キャンパスライフをご覧ください。